ラグマットおしゃれ

勉強できる子供部屋を作る工夫

子供部屋

勉強できる環境を作ろう

子供部屋を作る時に一番考えるのは、勉強できる環境です。リビング学習というのも最近流行っていますが、子供部屋を作るなら集中して勉強できる空間も用意してあげておきたいものですよね。

学習机は左に窓が来るように配置

当たり前のことかもしれませんが、机の左側に窓が来るように机を配置すると、通常鉛筆を持つのは右手なので、勉強したり遊んだりする時に、明るい環境を維持できて、目に優しいと思います。でも机とベッドを置くのはスペース的に狭くなってしまうので、1体型の2階がベッドで1階が机になっているようなものはすごく便利だと思います。

ドアから遠い位置に机を配置

ドアが机のそばにあると、冷たい風が入り込んだり騒がしかったりと、集中しにくい子供部屋になってしまうのではないでしょうか。勉強机を配置するなら入り口のドアから遠い位置に配置してあげるとなお、良いと思います。

安全面でも配慮

あと、柵があってもベッドからふざけて落ちたりする可能性があるので、下に尖ったものは置かずに、できればカーペットを前面に敷いて、子供が悪ふざけして傷つけたり、汚したりしてもいいようにしたいですね。

ゲームやテレビは配置しない

あと、ゲーム機やテレビですが、子供部屋に置いてしまうと、どのくらいゲームしているかが私から把握しづらくなってしまうので、そういったものは居間に置きたいですね。

自分で片付けられるよう収納も工夫を

あとは子供の頃から整理整頓する癖がつけられるように収納スペースは大きく使いやすいものを用意して、使い終わったら戻すを徹底させられるような環境にしたいですね。それと関連して、衣服ダンスも子供部屋に置いて、自分で服を出したりしまったりが出来るようにするといいかなと思います。

親の威厳も考慮しよう

最後に、複数人使う場合でも私の部屋より大きい部屋を割り当ててしまうと、何か勘違いしてしまうと思うので、そこらへんは親の威厳を大事にしたいなと思います。

ご意見投稿お待ちしています!!